顧問先サポート案内(法人向け)

法人のお客様へ

お客様と共に歩む、税理士事務所でありたいと
考えています。

医業、建設業など顧問先業種に合ったサポートをいたします。


[ ex. 医業のお客様へ ]

当事務所では、医療法人、病院、医院、歯科医院、メディカルサービス(MS)法人、薬局など医業に関わる税務会計をはじめ様々なサポートをご用意しております。

よくあるご依頼とご質問

開業時、開業後のお悩み

新規開業に伴い、起業時また今後の経営、税務、労務管理等を一括してお願いしたい。
医療法人を設立した場合の、税務上・運営上のメリット・デメリットが知りたい。
開業するにあたり、資金面・設備面でどんな準備をすればいいのか知りたい。
自宅で開業している場合の、必要経費の区分がわからない。

経営上のお悩み

医療を取り巻く環境がおおきく変化する中、今後の病院の方向性を定めることができない。
今まで、場当たり的な対応をしてきた資金計画・設備投資計画・人員計画を、中長期的な経営計画として確立したい。

このようなお悩みに迅速にお応えし、解決するために、当事務所では以下のサポート体制を万全にしております。

当事務所のサポート体制

開業サポート

事前のマーケティング
業者のコーディネート、各種手続き

医療法人設立サポート

設立の有利不利シミュレーションから各種手続きなど
設立手続代行
設立スケジュール

医業経営サポート

月次決算報告
各種経営分析の定期報告
医業経営計画策定サポート
予算立案、キャッシュフロー計画
事業承継対策
経営コンサルティング(営業、人事など)


[ ex. 建設業のお客様へ ]

昨今の建設業界の生き残り競争は激化しています。建設業の財務と税務には、その特殊性から専門知識が必要となりますが、当事務所では多くの建設業者から信頼をいただいております。ご相談の一例を以下に取り上げます。

よくあるご依頼とご質問

黒字が出ているのに、資金が足りないがどうすればいい?

財務諸表(損益計算書)での数字が黒字であっても、資金が足りなくなるのは、建設業の場合、売上(完成工事高)の計上は「目的物の全部を完成して相手方に引き渡した日」と規定されていることが原因の一つです。
これを「完成引渡基準」といいます。財務諸表には「完成工事高」として発生主義により収益に計上します。

しかし、売上代金が現金化できるまでのプロセス、つまり、完成してから現金化されるまで数カ月が必要となります。
一方、発生した工事原価や費用の支払い代金は、多くが売上代金の現金化よりも先に必要となるわけです。
その為、財務諸表では利益が出ていても、資金が足りなくなり、納税資金もままなりません。

資金繰りを潤沢にする為には、

完成工事未収金や受取手形といった売上債権を減らす
在庫を減らす
買掛金や支払手形のような仕入債務の支払条件を再検討する
未成工事受入金などを増やす

といったことが必要となります。

資金調達を行うには、具体的にどうすればいい?

資金繰りの為に、前受け金を目当てに赤字工事を行っていては悪循環です。事業計画や資金計画をきちんと作成し、リスクヘッジを行うことが安定した経営への近道です。

具体的には、

1. 透明性のある決算書を作成する。
2. リ・スケジュールを行って毎月の返済額を減らす。
3. 増資、リース活用、手形の裏書きなど

が考えられます。特に1. 2.に関しては、金融機関からの資金調達を可能にするため非常に大切です。これ以外にも、優先順位の高いものから支払いにあてる、などご一緒に解決できる問題がたくさんあります。

当事務所では、毎月の記帳や財務諸表の作成のみではなく、資金に関するご相談もサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。